kisochisiki

指のタイプで変わる!
自分に似合う結婚指輪と選び方のポイント

毎日に身につける結婚指輪は仕事中でもつけられるデザインや歳を重ねても飽きのこないデザインなど...選ぶ際に色々なことを想定して考えることが大切です。
一生に一度の結婚指輪選びだから詳しい知識をつけて購入したいけど、どう選んだらいのか分らないとお悩みの方は多いのではないでしょうか?
そんな方もご安心ください!デザインの種類から指のタイプ別でみる自分に似合う選び方のポイントをご説明します。

指輪のデザインの種類

平打ち

平打ち

表面を平に仕上げた平打ちは昔から作られているスタンダードな形。シンプルな四角で存在感のあるフォルム。表面が平で模様や彫刻を入れることもできるので、デザインを変えるセミオーダーのベースとして選ばれています。

甲丸

甲丸

甲丸は指なじみが良いストレートデザインです。形状をわかりやすく言うとかまぼこ型ですので指に通した時の付け心地がよく飽きのこないデザイン。内側を丸く仕上げる内甲丸にするとさらにつけ心地がよくなります。

Vライン

Vライン

Vライン(V字)は指輪の一部を緩やかにカーブさせた形。V字の特徴は指を長く綺麗に見せる効果があります。婚約指輪とのセット付けとして選ばれることが多く、女性に好まれる優しい印象のデザインです。

Sラインウェーブ

Sラインウェーブデザイン

波打つような優しいウェーブが特徴のSラインは指をすっきりと見せる効果があります。華奢で細めなデザインも多くS字(波状)ですので指にはめたときしっくりとなじんで付けやすく、男性女性共に人気があるスタイル。

逆甲丸

逆甲丸

甲丸を逆さにしたような緩やかなカーブが特徴の逆甲丸は指輪の両サイドのストレートラインから感じるスタイリッシュな印象と表面カーブの柔らかな輝きが楽しめます。シンプルがいいけどすこしだけこだわった形をお求めの方におすすめ。

ナチュラルウェーブ

ナチュラルウェーブ

指輪全体の緩やかなウェーブラインが、柔らかくナチュラルな印象になるデザイン。少しだけ個性的なテイストをお求めの方におすすめです。

指のタイプ別・指輪選びのポイント

デザインが良くても指の形とのバランスが悪いと似合わない...ということもありますね。
自分の指の特徴とバランスのよいリングの形状について知っておくことも大切です。

太くて短い指に合う指輪

赤ちゃんのような可愛らしい印象なので似合うデザインがないと決めつけている方も多いかもしれませんが、デザインで太さや短さをカバーできますよ。

バランスのよい組み合わせ

幅広のナチュラルウェーブは表情のあるデザインなので指の太さが気にならずおすすめです。V字タイプは縦のラインが強調されるので長く見える効果があります。

避けた方が良いデザイン

幅広の縦長やボリュームのあるリングは指の短さが強調されてしまいます。華奢なタイプも同様です。

おすすめのデザイン

太くて長い指に合う指輪

大人っぽい印象ですので様々なデザインに合う指です。個性的なスタイルもおすすめします。

バランスのよい組み合わせ

幅広や縦長タイプは指の長さを強調する事ができるので太さを感じさせない効果があります。ボリュームのあるV字タイプもバランスが良いです。

避けた方が良いデザイン

華奢なスタイルはかわいらしさが強調され、大人っぽい指のイメージと合わない場合があります。

おすすめのデザイン

節が太い指に合う指輪

節が太い人の場合は節と指の付け根との差があるので、指に通すとゆるくなってしまうことがあります。幅広やボリュームがあるタイプの内甲丸仕上げでしたら着け心地も良くなりおすすめです。

バランスのよい組み合わせ

幅広や縦長で全周にデザインがあるタイプはリングが回っても気にならず、付け根の細い部分が隠れるので節からのラインが綺麗に見えます。

避けた方が良いデザイン

細いリングは指との隙間が強調されるので回ってしまいつけ心地がよくありません。

おすすめのデザイン

結婚指輪のデザインの選び方 まとめ

自分の指に合うデザイン選びの参考になりましたか?
指のタイプ別に分けてみましたが指輪をつけてみないと実際の印象はわからないこともあります。
当店では試着だけでも大歓迎ですので自分に合う指輪をぜひ見つけてください。

Top