ダイヤモンド4Cと選び方 福岡
  1. TOP
  2. >
  3. 結婚指輪・マリッジリング
  4. >
  5. ダイヤモンド4Cの選び方

ダイヤモンドのグレード4Cの選び方

ダイヤモンドのグレードは何を基準にして選べば良いでしょうか?カットが良くクラリティーも最高のランク、無色透明のDカラーはとても品質が良く素晴らしい輝きを放ちます。しかしグレードが高くなるにつれもちろん価格も上昇しますし、カラット(重さ)によっても当然価格差が生じます。そこで当店が考える賢いダイヤモンドの選び方をご紹介します。

ダイヤモンドとは

ダイヤモンドとは炭素が高温高圧の環境で結びつき火山の噴火とともに一気に地表まで押し上げられてできた天然石。とても硬くて傷つきにくく鉱物に対する硬さの尺度を示すモース硬度は10。(一番傷つきにくい) 最も硬い天然鉱物。カットすると素晴らしい輝きを放つ物質です。和名は金剛石。

良いダイヤモンドの条件は?

ダイヤモンドは国際基準で定められた4つの項目でグレードが決定されます。カラット(重さ)、クラリティー(内包物や傷)、カット(プロポーション)、カラー(色)の4つです。頭文字の(C)をとって4Cと表します。この全てにおいて評価がトップのダイヤモンドは最高の輝きです。天然石ですのでそれぞれに個性がありますが4Cがトップのダイヤモンドは非常に少なく希少価値があります。

ダイヤモンド4Cとは

[カラット] [カラー] [カット] [クラリティー] とグレードが選別されます。頭文字から4Cと表す国際基準です

カラット(carat)

1カラット0.2グラムを基準とし各重さを数字に表したものです。先述しましたようにカラットとは重さの値ですので大きさを表す基準ではありません。同じカラット数のダイヤでもプロポーションの違いで大きさは変わります。

ダイヤモンドの4cカラット

カラー(color)

ダイヤモンドは無色に近いほど評価が高くなり、黄色みを帯びるものほど評価は低くなります。カラーの基準はアルファベットのDを無色透明とし、Zに近づくにつれだんだんと黄色みを帯びてきます。ただし発色の良い綺麗な黄色ですとファンシーカラーダイヤモンドに分類されブルーダイヤやピンクダイヤ等と同じ希少性が高くなります。

ダイヤモンドの4cカラー

カット(cut)

ラウンドブリリアントカットの仕上げやポリッシュ(研磨)に対する評価基準です。EX(EXCELLENT)が上位評価になりますが、カットプロポーション評価・ポリッシュの仕上評価・シンメトリーの評価の3つEXを得た3EXCELLENT(トリプルエクセレント)最高級のカットもあります。

ダイヤモンドの4cカット

クラリティー(crarity)

内包物(インクルージョン)や傷に対する評価です。10倍のルーペで確認できるかを大きな基準としております。内包物の大きさや空洞(フェザー)の有無によって最高基準はFL(フローレス)。

ダイヤモンドの4cクラリティー

4Cのどれを重視して選べばいいの?

ダイヤモンドの輝きで重視すべきポイントはクラリティーとカット、カラーです。当店が考える「より良いダイヤの選び方」はクラリティー(VVS1〜SI1)、カット(exellent)、カラー(D〜F)この範囲内での選び方がベストだと考えます。ご予算にかなり余裕があり輝きとクレードにこだわりたいという方はトップグレードのFL(フローレス)をご購入されるのもいいと思います。ただ上記でご説明したように内包物(インクルージョン)や傷は10倍のルーペで確認できるかが基準ですが、VVSやVSクラスは傷を発見することはほぼ難しいです。ご予算によってお選びになるグレードも変わってくると思いますが4Cだけにこだわらず、この婚約指輪を選んで良かったと思っていただけるような選び方の参考になれば幸いです。

メレダイヤとは

メレダイヤとは0.1ct(約3mmの大きさ)より小さなダイヤモンドを呼びます。一般的には婚約指輪のメインとなるダイヤを引き立てる為の脇石として用いられていましたが最近では結婚指輪のワンポイントとして選ばれることも多いです。指輪の内側に留めることも可能ですよ。詳しくはマリッジリングをご覧下さい

ダイヤモンドを留めた指輪

鑑定書

鑑定書には4Cのグレードやダイヤのプロポーション等が詳しく記載してあります。当店でお選びいただいた0.1ct以上のダイヤモンドには中央宝石研究所が発行する鑑定書をおつけできます。

ダイヤモンドの価格

価格は全てのグレードやカラットで変わってまいります。参考価格として0.3カラット代、Dカラー、クラリティーVVS1、EXCELLENTカットの場合20万円代からご用意しております。

ご予算や希望のグレード、カラット等をうかがってダイヤモンドを手配することも可能です。お客様のベストなダイヤモンド選びをお手伝いさせていただきます。

指輪の選び方
orderデザイン集
map
お問い合わせ

Top